{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/26

ヘルマン・ムテジウスとドイツ工作連盟

残り1点

4,500円

送料についてはこちら

2002年から2003年にかけて日本で巡回開催された、『クッションから都市計画まで/ヘルマン・ムテジウスとドイツ工作連盟:ドイツ近代デザインの諸相』展の図録。 本書は19世紀末からバウハウスに至るまでの、ドイツにおけるデザイン運動を検証した一冊。1907年に設立された『ドイツ工作連盟』と、その中心人物であるドイツ出身の建築家・Hermann Muthesius(ヘルマン・ムテジウス)についての内容で構成されています。工芸についてはバウハウスを感じさせるモノが多く、この流れからバウハウスが誕生していくのが納得できる。ドイツ工作連盟について日本語で解説されている数少ない資料。ボリュームがあり、本としての存在感もある書籍。ブックデザインは図録制作のスペシャリスト、西岡勉氏。(テキスト無断転載禁止) Cover: Softcover Size: H260mm W180mm Page: 462 Publishing: 京都国立近代美術館 Release year: 2002 Condition: ★★★☆☆ カバー、強ヤケ・スレ・角少折れ跡 小口、少ヤケ ●北海道・沖縄・離島への発送は、別途追加送料(実費)をいただきますのでご了承ください。商品注文後、メールにてお知らせいたします。 ●メルカリやヤフオクに無断転載が目立ちます。発見次第、順次通報しております。

セール中のアイテム