{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/20

Bauhaus: experience, dessau

¥0

送料についてはこちら

2008年〜2009年にかけて、日本で巡回開催された『バウハウス・デッサウ展』の図録。 ドイツのヴァイマールに設立された、総合的造形教育機関であるバウハウス。その後デッサウ、ベルリンと拠点を変え活動を行なった。創設者であるヴァルター・グロピウスの理想が形になったのはデッサウ期にあたる。本書はその第二期のデッサウ期に焦点が当てられた一冊。各教師陣の授業内容や作品、教師や生徒の写真、デッサウのバウハウス校舎の写真など、700ページを超えるボリューム。デザインの世界に影響を与えた教師陣が並んだ写真はとても迫力がある。バウハウスの展覧会は数あれど、こちらの図録が内容・ブックデザインともに一番だと個人的に思います。 Cover: Soft cover Size: H182mm W130mm Page: 763 Publishing: 産経新聞社 Language: 日本語 / 英語 Release year: 2008 Condition: ★★★☆☆ カバー、スレ・キズ・少角折れ 表紙の紙はとても変色しやすいが、本書は状態良し

セール中のアイテム